11月に行われる二宮町議会議員選挙に、渡辺くにたか町議(写真)を擁立

3期目をめざす渡辺くにたか町議

日本共産党神奈川県央地区委員会は、この11月に行われる二宮町議会議員選挙に、渡辺くにたか町議(写真)を擁立することを決定しました。

(あいさつ)
=憲法をくらしに活かす町政を=

異常な物価高が進む一方で、年金の受取り額は減り、賃金のアップも追いつきません。新型コロナ感染も心配です。若者、子育て世代から高齢者まで、将来が描けない状況ではないでしょうか。今、住民の福祉向上という自治体の役割が問われています。
2期の任期中にも、幼稚園・保育園の無償化、学校へのエアコン設置、国保税の子どもの均等割減額など、町民・国民全体の声を反映して、様々なことが進みました。引き続き、より良い町民のくらし、福祉、教育を実現するよう、力を尽くしていきます。

◆渡辺くにたかプロフィール◆
●1959年大阪市生まれ。 市立西宮高等学校在学中、 米国へ交換留学(1年)。 鳥取大学農学部農学科卒。 全国農業協同組合連合会、青果卸業経営を経て、医薬製造販売会社農薬部門などで働く。
●2018年より二宮町議会議員。
●二宮町議会では、教育福祉常任委員長、議会だより編集委員長、議会基本条例推進委員長を務める(2期目)
●日本共産党県央地区委員、 二宮支部生活相談室長。
●釜野子ども会育成会、 二宮町子育連本部、 釜野神輿会、 山西神輿連合、 釜野地区防災指導員などの役員を務める。 現在、 釜野平成会相談役、二宮野鳥の会役員ほか。
●子ども2人はすでに独立し、妻と暮らす。釜野地区在住。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次