学童保育支援を追加 新型コロナ 交付金1日3万円に

(しんぶん赤旗 3/9より)

 

学童保育支援を追加
新型コロナ 交付金1日3万円に

2020年3月9日【2面】

当事者の声実る

 厚生労働省は6日、新型コロナウイルス感染症防止対策とした全国一律休校に関連して、学童保育への追加の財政措置を決定しました。
 全国の学童保育では、臨時に朝から開所するなどして休校に対応しています。追加で生じる人件費などについて厚労省は、1施設当たり1日1万200円の交付金追加を決めていましたが、現場からは「とても必要な額に及ばない」「保護者や学童保育の負担が増えて大変」などの不安や批判の声が上がっていました。
 今回の措置は、1施設当たり2万円をさらに追加し、合計3万200円を追加補助するというものです。
 全国学童保育連絡協議会(全国連協)は4日に交付金加算の増加などを緊急要請。6日には日本共産党の畑野君枝、宮本徹の両衆院議員も、文部科学委員会と厚生労働委員会で財政措置の増加を要求し、「必要に応じて追加の措置も検討する」との答弁を得ていました。当事者の声や国会内外の運動が国を動かしました。
 全国連協事務局次長の佐藤愛子さんは「現場の声が国を動かしたことは評価したい。緊急申し入れした他の項目など、必要な一層の対策を求めたい」と話します。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる