新型コロナウイルス対策として国民健康保険の資格証世帯への支援の申し入れ

2020年3月17日

 

綾瀬市長 古塩 政由 様

                           日本共産党綾瀬市議団

                             団長 上田 博之

松本 春男

 

新型コロナウイルス対策として国民健康保険の資格証世帯への支援の申し入れ

 

新型コロナウイルスの感染が拡大し、終息の時期が見通せないなかで日々対応にご尽力されていますことに感謝いたします。

さて、国会では発熱などをしても医療費の支払いが心配で医療機関にかかりにくい資格証明書の世帯への支援の必要性が指摘され、厚労省は2月28日付で「資格証明書を被保険者証とみなす」とする「通知」を発出しました。しかし、このことを知らない資格証世帯は、以前として医療費が心配で医療機関にかかりにくくなったままです。

咳や発熱があっても治療されることなく放置されることで、重症化を招くだけでなく、ウイルスの蔓延を引き起こしかねませんので、下記の対策を要望いたします。

 

1)至急、資格証世帯に、「資格証明書を被保険者証とみなす」旨の変更を通知すること

2)新型コロナウイルスが終息するまでは、現在発行済みの資格証明書を短期保険証に切り替え、当該者に送付すること

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる