神奈川県議会始まる 補正予算案など25議案提出

 神奈川県議会第3回定例会が7日開会し、新型コロナウイルス感染症対策事業を盛り込んだ20年度9月補正予算案など25議案が提出されました。会期は12月17日まで。
 黒岩祐治知事は提案の説明で「感染拡大防止と社会経済活動の両立をはかるうえでなくてはならないのは、検査体制の拡充と検査対象の拡大だ」と強調。国の交付金を活用し、重点医療機関や協力病院の病床確保に対する協力金などの支援や、新型コロナウイルス感染症患者を受け入れていない医療機関にも経営の安定化と健全化を支援していくと述べました。
 9月補正予算の総額は1847億8700万円(一般会計)で過去最大規模。主な財源は国庫支出金(1839億9100万円)で、県独自の財政措置は繰越金7億4400万円。
 日本共産党は14日の代表責問に君嶋ちか子県議、16日の一般質問に上野だつや県議が立つ予定です。

(しんぶん赤旗 2020/9/11より)

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる