比例ブロックの様相 南関東(定数22) 比例130万票 3議席必ず

比例ブロックの様相 南関東(定数22)
比例130万票 3議席必ず

2020年9月21日【選挙特集】

 南関東ブロック(神奈川・千葉・山梨)の日本共産党は、「南関東から野党連合政権の扉開く」をスローガンに、総選挙で130万票獲得し、現有2議席を絶対確保し、3議席を必ず奪還し、4議席をめざします。志位和夫委員長(現)と、はたの君枝(現、神奈川10区重複)、さいとう和子(前、千葉7区重複)、沼上とくみつ(新)の比例4候補を先頭に、南関東3県の全33小選挙区で複数回宣伝するキャラバンにとりくんでいます。

提案は「いいね」

 新型コロナ禍で党への新たな関心、共感が広がっています。

 街頭で志位委員長が、コロナ後の日本と世界への「七つの提案」の一つとして「ジェンダー平等の社会を」と呼びかけると、通りがかった2人連れの若い女性が「いいね」の声をあげました。

 コロナ後の新しい日本と世界を示した志位委員長のDVDを見て、横浜市の男性(67)が「資本主義の限界はその通り。地球温暖化も貧富の格差もひどい」と9月に入党を決意するなど、総選挙に向けて強い党づくりも進んでいます。

 3県の党が民青同盟ととともに取り組んだ学生支援活動。7月の山梨県での行動では、地元の学生から「“声をあげれば政治は変わる”の共産党国会議員の言葉にすごく励まされた」のメールが届きました。

 比例各候補が奮闘しています。

 はたの議員は「学校再開にあたっての緊急提言」(6月2日)を示して各地の関係者と対話。「子どもたちに少人数学級をプレゼントしよう」の訴えに、政府も検討を表明しています。

 さいとう候補はキャラバンで、オスプレイの木更津駐屯地配備反対など基地問題とともに、菅義偉首相の消費税増税発言に触れ「増税するなら大企業と富裕層に」と呼びかけ。聴衆が手を振り、大型トラックからの応援もありました。

 33歳の沼上候補は、茅ケ崎市議団長の経験を生かして南関東3県を駆けめぐり、「七つの提案」を語っています。

広がる共同の力

 市民と野党の共同も前進しています。

 神奈川県大井町議選では共産党新人の大石舞候補が、近隣の無党派の4人の議員の応援を受け、前回から得票数・率ともに伸ばし3位で当選。市民運動の分野では、横浜市カジノ誘致反対で、共産・立憲民主・新社会・神奈川ネット・緑の各党と市民が共同しています。

 南関東ブロック責任者の田母神悟神奈川県委員長は「野党共闘を広げ、党の議席の値打ちを語りぬけば飛躍は可能。一方、前回総選挙では、1万6千票少なければ当選は志位委員長だけでした。奮闘して議席増をかちとりたい」と話しています。

(しんぶん赤旗 2020/9/21より)

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる