「集い」で入党呼びかけ 川崎 はたの氏

 川崎市多摩区の日本共産党区委員会は22日、はたの君枝衆院議員(衆院南関東比例候補)を迎えた「集い」を多摩市民館で開き、60人余が参加しました。会場はゆったりと席を取りコロナ対策を万全にしました。
 党創立98周年記念講演ダイジェストDVD(41分)を視聴した後、斉藤のどか・神奈川9区候補が、メッセージで「ともに社会を変えましょう」と訴えました。
 はたの議員が国会情勢を報告。党国会議員団が論戦を通じて、PCR検査の拡充、少人数学級と学生への支援などを求め、前進させてきたと語り「安倍政権を継承する菅政権を終わらせ、野党連合政権を実現しましょう」と訴えると大きな拍手と歓声が上がりました。はたの議員はさらに「ご一緒に強く大きな党を」と入党を呼びかけ、井口まみ、赤石博子両市議とともに参加者と懇談しました。
 千葉県市川市から党中央委員会のホームページを見て参加した男性は、「共産党に興味があります。はたのさんの話はとてもよかった」と語りました。

(しんぶん赤旗 2020/9/25より)

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる