少人数学級実現 の学習交流会を開催 2020年10月17日(土)午後1時半から

 閉会中審査の中で、畑野君枝衆議院議員が、はじめて「骨太方針」に明記された「少人数学級」について、大臣に約束させました。大臣は、教育再生実行会議で「少人数学級めざすべき」と発言し、直前の「骨太会議」での「検討」から、文科相として学級編制の見直しに踏み込んだものです。
 反対論も多い中、「学校再開にあっての提言」を幅広い層にとどけ共同と「少人数学級」実現に向けて、世論を強める運動家が必要です。
 現在、県、横浜市、川崎市、相模原市(予定)、横須賀、藤沢、綾瀨、座間の各市で申しれをおこない、座間市では全小中学校を訪問しました。県内諸団体へ党機関と議員団が先頭に「提言」を届け、懇談を推進しています。
 党文教委員会責任者を講師に、提言と学習と運動の交流を行います。教育関係のみなさん、保護者のみなさん、学生のみなさんの参加をお待ちしております。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる