市内の中小業者守る 相模原党市議団が要望書

 日本共産党相模原市議団(4人)は16日、本村賢太郎市長に対して「2021年度市政運営・施策要望書」を提出しました。本村市長と、隠田展一、森多可示、下仲宏卓の3副市長、鈴木英之教育長、高梨邦彦市長公室長らが応対しました。
 新型コロナ感染拡大は市民の暮らしに深刻な影響を与えており、長期化も見込まれることを指摘したうえで、「住民の福祉の増進を図る」という立場での市政運営を求め、全373項目を要望。特に「新型コロナウイルス感染症への対応」を重点とし、51項目を取り上げています。
 松永千賀子団長は市長に対して、新型コロナウイルス感染症への対応に関して繰り返し求めている▽エッセンシャルワーカーへの社会的検査の実施▽医療機関への支援▽市内中小業者等地域経済対策卜を強化するよう強く求めました。

(しんぶん赤旗 2020/12/23より)

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる