議員・支部の力集め党勢前進を 横浜市泉区下和泉支部 「あそこにもここにも」と読者8人増

議員・支部の力集め党勢前進を
横浜市泉区下和泉支部 「あそこにもここにも」と読者8人増

2020年12月27日【党活動】

見本紙に帯封つけ活用

 横浜市泉区の下和泉支部は今月、「赤旗」日曜版の購読を中止する読者が10人にのぼることから、「後退で今年を終わるわけにいかない。何としても前進しよう」と、2中総決定を力に行動してきました。26日までに、8人の日曜版読者を増やしています。

 横浜西南地区委員会から、購読のよびかけとイラストが書かれた帯封が、日曜版の見本紙と一緒に届き、「これを使おう」と討議。「ここにも、あそこにも行こう」と名前を出し合うなかで、みんながやる気になりました。

 支部長を先頭に、高齢の党員も車で移動するなどして、力を合わせて粘り強く行動。見本紙に帯封を巻いて、購読してほしい人たちに届けました。

 「衆議院議員の任期が切れる来年10月までに、まちがいなく総選挙があります。ぜひ『赤旗』を読んで、応援してください」とよびかけました。多くの人が、菅首相のコロナ問題での無策ぶりにへきえきした様子で、激励とともに読者が増えました。

 しばらく購読していない人からは、訪問時に購読を断われましたが、後日、「共産党を応援しているから購読するよ」とうれしい電話が来て、みんな元気になりました。

 12月で購読中止の予定の1人が、よびかけにこたえて来年も継続となりました。行動のなかで「党は支持されている」と確信になり、前進に向けて次の行動を計画しています。

(しんぶん赤旗 2020/12/27より)

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる