蔑視許さぬと連帯「肺奈川」 はたの・さいとう氏

 日本共産党神奈川県女性後援会は14日、党県委員会(横浜市西区)で、さいとう和子衆院南関東比例候補(千葉7区重複)を招いてつどいを開きました。オンラインも使い、はたの君枝衆院議員が国会報告しました。
 はたの氏は、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗前会長の女性蔑視発言について、日本オリンピック委員会(JOC)は女性理事の割合を40%以上にすると国際的に公約していることをあげ、「公約をないがしろにする人物に組織委員会会長の資格はない」と批判。男女共同参画基本計画をただす運動を進めていこうと訴えました。
 さいとう氏は「黙らない」「わきまえない」と全国各地でわき起こった女性たちの声が国際的な連帯も呼び、森氏を辞任に追い込んだと強調。「子どもたちが安心して平和に暮らせる未来のため、今声をあげよう」と呼びかけました。

(しんぶん赤旗 2021/02/16より)

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる