新設おかしい石炭火発 若者と住民訴え 神奈川県横須賀・神戸・仙台

新設おかしい石炭火発 若者と住民訴え
神奈川県横須賀・神戸・仙台

2021年2月24日【1面】

 「世界で5番目に多く二酸化炭素を排出しているのに、新設はおかしい」。二酸化炭素を大量に排出する石炭火力発電所が新たに稼働、建設されている神奈川県横須賀市と神戸市、仙台市の若者らが23日、各地の発電所の前で「石炭ゼロ」を求めました。

 主催は気候変動への対策を訴える世界中の若者の運動「フライデーズ・フォー・フューチャー」(FFF)。3地域のFFFが大気汚染によるぜんそくなどに苦しむ地元住民と協力して政府に訴えました。12日に開始した梶山弘志経済産業相と小泉進次郎環境相に石炭ゼロを求める手紙を送るキャンペーンへの参加も呼び掛けています。

世界に逆行 横須賀

 神奈川県横須賀市では「FFF横須賀」の、ひかりさん(20)が、東京電力と中部電力による合弁会社「JERA」が石炭火力発電施設2基の建設を進めている同市久里浜の横須賀火力発電所前からウェブで中継。一緒に反対運動をしている「横須賀石炭火力発電所建設を考える会」のメンバーに話を聞きました。

 考える会の齊木貴郎さんは「現在、横須賀市では年間188万トンのCO2を排出している。この石炭火力発電所が稼働すれば914万トンと5倍近くに増える。脱炭素を目指す世界の流れに逆行するものだ」と告発しました。

 鈴木陸郎代表は「JERAは『CO2削減の新技術導入には大きな覚悟が必要』というが、今本当に必要な覚悟は石炭火力発電所建設を中止することだ」と力を込めました。

 ひかりさんは「私たちに石炭火力発電は必要ありません。これからも脱石炭をめざして声をあげていきます」と訴えました。

(しんぶん赤旗 2021/02/24より)

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる