「新かながわ」2020年12月6日(第2567)号

「比例で躍進とはたの議員の勝利へ、野党連合政権実現で政治の転換を」神奈川10区 党と後援会決起集会

 衆院神奈川10区(川崎市川崎区、幸区、中原区の一部)で、比例での躍進と、はたの君枝衆院議員の勝利を勝ち取ろう―。川崎市川崎区内で11月22日に開かれた日本共産党と後援会の決起集会。約150人が参加し、野党連合政権の実現をめざす熱気あふれた集会となりました。

「菅改憲阻止へ大いに議論を」九条かながわの会が「9条学校」開く

 九条かながわの会は11月20日、横浜市中区の市開港記念会館ホールで、「11月9条学校―安倍改憲から菅改憲へ・改憲阻止のために」を開き、ウェブ視聴者を含む98人が参加しました。

「改憲に終止符を」神奈川憲法会議学習会で山添参院議員が訴え

 神奈川憲法会議主催の秋の学習会が11月17日、横浜市内で開かれました。Zoom視聴と合わせて約80人が参加しました。森卓爾代表委員が開会あいさつ。日本共産党の山添拓参院議員が「あらわになった菅新政権の強権性─安倍なき安倍改憲に終止符を」と題して講演しました。

「横浜市が上瀬谷通信基地跡地に巨大テーマパーク計画?」環境と暮らし、健康に役立つ利用を(基地懇がシンポ)

 横浜市が旧米軍上瀬谷通信基地(瀬谷区、旭区)の跡地に巨大テーマパークを核とした複合的集客施設を誘致しようとしています。「米軍上瀬谷基地返還と跡地利用問題懇談会」(基地懇)が広範な人たちとともに「環境と市民の暮らし、健康に役立つ跡地利用を」と声を上げています。

「コロナ理由に年金額下げるな」はたの議員に署名を託す(年金者組合県本部)

 「コロナを理由に年金額を引き下げるな!」と11月20日、年金者組合県本部(杉沢隆宣委員長)は、独自の署名6193人分を衆参両院議長に提出するため、日本共産党の、はたの君枝衆院議員に託しました。署名は、県内の同組合各支部、神奈川労連、民主医療機関など地域の団体が集めたもの。来春予想される「年金額の引き下げ」を実施しないよう求めています。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる