「新かながわ」2020年12月27日・2021年1月3日(第2570)号

新春てい談「はたのさん、さいとうさん、沼上さん 大いに語る」

 総選挙勝利へ向けて、日本共産党の、はたの君枝(現、神奈川10区重複)、さいとう和子(前、千葉7区重複)、沼上とくみつ(新)の比例3候補が語り合いました。

〝助かります〟〝友達もできて良かった〟民青同盟 学生食料支援プロジェクト

 コロナ禍で生活に苦しむ学生を支援する活動は全国に広がっています。神奈川県内では日本民主青年同盟神奈川県員会(中村和行県委員長)が食料支援プロジェクトに取り組み、20大学で1300人以上が利用しています(12月9日現在)。支援プロジェクトは「お腹も心も満たせるプロジェクトになっている」と中村さんは手応えを感じています。

「みんなで食べられる中学校給食を」横浜「よくする会」が市長に署名2万337を提出

 「横浜学校給食をよくする会」は12月9日、小学校のようにみんなで食べる中学校給食の実現などを求める署名2万337人分を21人参加で、林文子市長あてに提出しました。

津久井農場計画で説明会「総事業費示せぬ業者」

 (仮称)津久井農場計画の事業者による説明会が12月6日、相模原市緑区の串川地域センターで行われ、住民ら44人が参加しました。事業者側は、佐藤ファーム代表の佐藤誠氏と、造成担当事業者のフジタが出席しました。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる