市民要求実現へ全力 神奈川・鎌倉市議選あす告示

 神奈川県鎌倉市議選(定数26)が、18日告示(25日投票)されます。日本共産党は、吉岡和江(73)、たかの洋一(45)、たけのひろこ(61)=いずれも現Lの3候補が、現有議席確保をめざします。
 市議選は、定数26に対して現職20人、元職叉、新人15人など39人前後が立候補する多数激戦の見込みです。
 共産党市議団は、前回a議席に前進し、議案提案権を獲得。提案権を行便して、選択的夫婦別姓導入を求める意見書を提出し、採択されました。また、市民と力を合わせ、就学援助金の入学前の前倒し支給や、特養ホームの増設などを実現してきました。コロナ対策では、市に対し、PCR検査の拡充、減収補てんを行うよう繰り返し申し入れてきました。
 鎌倉市は現在、税金約500億円以上を投入する見込みの「村岡新駅計画」「深沢土地区画整理事業」「市役所本庁曽移転整備」の三つの事業計画を進めており、市民から反対の声が多数あがっています。
 共産党市議団は、これら三つの事業をやめて、コロナ対策の強化、保健センターの設置、子どもや高齢者への支援など、市民の暮らしと福祉のために税金を活用するよう訴えています。

(しんぶん赤旗 2021/04/17より)

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる