大規模検査の実施を 神奈川知事に共産党県議団

 日本共産党神奈川県議団(井坂新哉団長)は4月97一日、黒岩祐治知事にあてて、新型コロナ封じ込めのための大規模な検査の実施と早急なワクチン接種を求めて申し入れました。
 神奈川県では変異株感染者の累計が16日の210人から、23日には461人へとI週間で倍増。いっぽう、23日からI週間の「変異株検査」は陽性者の33・8%にとどまり、国が指示している40%にも達していません。
 井坂氏らは、感染対策は①感染経路を減らす②大規模な検査を行う③ワクチン接種で社会的免疫を作る卜ことが原則だと指摘しました。
 要請では▽全陽性者に「変異株検査」を行い、変異株検査の割合を40%台に高める▽感染源を探知する「モニタリング検査」を抜本的に増やし、繁華街や夕-ミナルで行う▽感染源の地域や集団に「面の検査」を行う▽医療従事者、学校、保育園、幼稚園、放課後児童クラブの従事者に一斉定期的検査を実施する▽ワクチンの供給量を増やすよう国に求め、医療従事者への接種を5月中旬には終わらせる-などを求めています。

(しんぶん赤旗 2021/05/02より)

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる